FX業者を比較
取引コストを比較

米ドルの取引コスト 安い順
ユーロの取引コスト 安い順
ポンドの取引コスト 安い順
豪ドルの取引コスト 安い順
NZドルの取引コスト 安い順

スワッップポイントを比較

米ドル スワップポイント
ユーロ  スワップポイント
ポンド スワップポイント
豪ドル スワップポイント
NZドル スワップポイント
ランド スワップポイント

特徴で比較

複数項目同時検索
口座開設キャンペーン
デイトレ向きのFX業者
長期投資向きFX業者
南ア ランド 取扱い業者
注文方法を比較
携帯電話取引可能業者
24時間フリーダイヤルサポート
取り扱いペア数で比較
信託保全採用のFX業者

FX取引業者

DMM FX
外為オンライン
みんなのFX
FXブロードネット
マネーパートナーズ
外貨ex
フォーランド・フォレックス
アイネットFX
マネックスFX
為替ライフ
ライブスターFX
JFX
全てのFX業者を表示


   



           ご利用案内

このサイトの操作方法を ご説明します。

左メニューバーより、比較したいと 思われる項目をクリックして下さい。

一覧表示された右側の「詳細」をクリックすると、そのFX取引業者の詳細情報ページへ移動します。

また、一覧表示された 左側のバナーをクリックすることにより、各FX取引業者サイトへジャンプします。


各項目の比較条件は以下の通りです。

☆ 取引手数料を比較

□ 取引手数料 安い順
米ドルを1万ドル取引したときの片道手数料を比較しています。
基本的に 手数料は買いと売りの両方にかかってきます。

□ スプレッド 安い順
米ドルの買値と売値の差を比較しています。
外貨を新規建て、決済する場合、スプレッド分の費用を負担することになります。

□ 取引コスト 安い順
各通貨を1万通貨、買ってから売るまでの 取引コスト 合計を比較しています。
買いと売りの手数料、スプレッドの値を合計しています。
ただし、デイトレード割引は含んでおりません。


☆ スワップポイントを比較

各通貨を1万通貨保有した時の スワップポイント1日分を高い順に表示しています。
スワップポイントは長期投資の場合、1円でも多い方が有利なので、比較的スワップポイントの高いFX取引業者をチェックしておくことをお薦めします。


☆ 特徴で比較

□ デイトレ向き FX業者
取引をして、その日のうちに手仕舞う デイトレード向きのFX取引業者を選びました。
1日のうちで、何度も取引をすることを考え、取引コストの安い業者を選んでいます。

□ 長期投資向き FX業者
外貨を購入してから、長期保有するのに有利なFX取引業者を選んでいます。
長期保有の場合、FX取引業者が破綻することも考えられますので 資産管理は信託保全、また、スワップポイントは1円でも高い方が有利です。この2点に重点を置いた選択となっています。

□ 南ア ランド 取り扱い業者
高金利で人気のある 南アフリカ ランド通貨を取引できるFX業者を選んでいます。

□ 注文方法を比較
成行・指値・逆指値・IFD・OCO・IFO・トレールなど、いろいろな注文方法がありますが、各FX取引業者が採用している注文方法を比較しています。

□ 携帯電話取引可能業者
携帯電話から外貨を売買できる業者を選んでいます。

□ 24時間フリーダイヤルサポート
24時間フリーダイヤルサポートを採用しているFX取引業者を選んでいます。

□ 取り扱いペア数 多い順
取引できる通貨ペアの多いFX取引業者順に表示しています。

□ 信託保全採用のFX業者
顧客資産管理において、信託保全を採用しているFX取引業者を選んでいます。


☆ FX取引業者
個別のFX取引業者の詳細情報です。






Copyright(c) FX PARTY All Rights Reserved.
FX  為替比較  FX比較  はじめてのFX